Champagne Brunch

新感覚デリ&カフェ

Champagne Brunch01

立派な家々が立ち並ぶ街。一社。今回は駅から徒歩7分程、今年で営業10周年を迎えられたデリ&カフェのお店、シャンパンブランチさんをご紹介させていただきます。

さぁ、皆さんが気になられていると思われます「デリ」というワード。これはドイツ語でデリカテッセン=惣菜店という意味です。つまりデリ&カフェとはその場で料理をいただくことこともでき、なおかつショーケースから出来上がっているお好きな料理を買って持ち帰れるというシステムなわけですね。魅力的♪

ニューヨークで流行り始め、最近では日本でもこのスタイルのお店が少しずつですが増えているみたいですよー。なるほど、このスタイルだからこそお店に入ってすぐご対面する素敵なお料理がたくさん並んだショーケースはオーナーさんの一番の宝物なんですね。笑

お店の名前のシャンパンブランチとはオーナーさん自身が学生時代、アメリカへホームステイしていた時の経験から来ているとのこと、アメリカでシャンパンブランチとはホテルやレストランで週末に行われるビュッフェスタイルのことで、このパーティーの様なイベントへホストファミリーに連れて行ってもらったオーナーさんはとても幸せな感覚を覚えたそうです。日本でそういった催しはできなくともせめて名前だけ、ということでそのままシャンパンブランチという名前にされたんですねー。そんな名前の由来なので名前だけ見て来店される外国のお客様が出店当初はとても多かったとか笑 それにしても楽しそうですねー。シャンパンブランチ(*▽*)
それはさておき、お待ちかねのお料理です。フードメニューは全てオーナーさんが考案したもの。それもそのはず、洋食屋、イタリアン、ダイニングカフェなど多岐に渡る飲食店で経験を積まれてきたというオーナーさんです。今回は人気の帆立とクリームのキムチドリアをいただきました。

むぅーん。キムチとドリアの相性がこんなに良いなんて!想像よりもキムチキムチしておらずスパイシーというよりはマイルドな味わいに。フーフーしながらいただきました。火照った食後にはまたまた人気のビールと自家製レモネードで作られたビアカクテル、パナシェ!

お気づきですか?パナシェの中に浮かぶレモンに。レモネードの甘みがビールを格段に飲みやすく仕上げております。ビールがニガテ、、、という方もゴクゴクいけること間違いなし!

シャンパンブランチさんはフードもドリンクもかなり充実しています。

ドリンクは最近ではビオワイン(無添加のワイン)を推しているとか。はやくワインをおいしくいただける大人になりたいものです、、(>_<)
ちなみにオーナーさんはもう一店舗、一社で旦那様とご一緒にKRALというトルコ料理店も経営されています。一社に足を運んだ際にはぜひお立ち寄りください。
さらにさらにシャンパンブランチさんではカフェを経営したい!という人のために「カフェ講座」たるものを行っているそうです。全10回でカフェ経営のノウハウを時に厳しく手取り足とり教えてくださるということ。mikke!読者の皆さんなら気になる人もいるはず。

とにもかくにも行ってみましょうよ。シャンパンブランチ。

そしてあなたも幸せな感覚に。

関連する記事関連する記事

  • 人と木

    人と木

    「休む」それは人と木

  • image

    FABS

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    鐵屋+Cafe

    鉄を使ったアートな空間

  • S__237838344
    vol.2018.05
  • 6844C416-BCEF-4303-9432-568214A9335F
    vol.2018.04
  • wpid-dsc_0029_2994260464.jpg
    vol.2018.02