cafe de la ruche

名古屋のパリみ~っけ

IMGP0945

わたしがご紹介するのは、覚王山にあるカフェ cafe de La ruche

こちらのカフェ、なんとオープンしてから30年という歴史のあるカフェなのです。

大通りにたたずむお店の姿は、まるでヨーロッパの喫茶店のよう。わくわくしますね★☆

そもそもこのお店の名前はフランス語からきているのですが、みなさんはわかりましたか?

cafe de la ruche 直訳すると 「蜂の巣カフェ」。

la rucheというのは実際にフランスにある、まだ売れる前のアーティストが共同アトリエ兼住居として利用していた建造物なのです。

これが実際フランスにあるla ruche

このお店もそんなアトリエを見立てて作られており、中は小部屋の様に仕切られています。

お店の作りもそれに似ていて、中が小部屋になっているのです。

壁にはフランスの女優さんの写真やゴッホ、ピカソ、シャガールなどの絵画が!何とも言えない壁の色合いも、30年の歴史が作り出したもです。

お店がオープンしていたころに使っていたwedgwoodなどのカップも見せていただきました。

今でもオシャレなこの食器を30年前にすでに使っていたなんて、ハイセンスですよね。こんな素敵なお店にデートで連れて来てもらえたら、女の子はドキドキしちゃうこと間違いなし!

カウンター席ではお店のオーナーさんと楽しくおしゃべりしながらお茶もできちゃいます^^

さて、お待ちかねのお料理をいただいてみましょう。

軽食はカレーとサンドイッチの2種類。カレーはドライカレーの日もあるのだとか。

サンドイッチの種類は「えびかつ」「ハーブチキン」「ひれかつ」「ハンバーグ」など豪華なものばかり。

今日は海老カツをいただきました。

ぷりっぷりの海老カツにコーヒー(紅茶) スープ デザートがついて1200円はお値打ちですよね。

軽食ではなくデザートを食べたい!という人にはこの「アフタヌーンセット」がおすすめ

オレンジピールのマドレーヌ、コーヒーゼリーアイス、そしてドリンクがついて800円はこれもお値打ち。

マドレーヌはほのかにオレンジの香りが漂うさわやかな味でした。

他にもマンゴーココナッツのケーキ チーズケーキ ブラウニーとキャラメルムース  やわらかアールグレーティープリン

オレンジとはちみつのケーキ 洋ナシのババロア・・・など季節の食材を使ったデザートも豊富です。

店内を見回してみると、可愛い雑貨が販売されていました。

これらはベトナム・ハノイから輸入している手作りの雑貨たち。もともとフランスの植民地であったハノイだけあって

デザインもどこかフランスを思わせるようなエスニックなデザインです。

水牛を使ったスプーンや貝殻を使った小物。すべてひとつひとつ手作りのため、同じ形のものはひとつもないのです。

ぜひ手にとってあなたのお気に入りの形をさがしてみてください◎

関連する記事関連する記事

  • image

    NEXT THING

    次のステップへ

  • 2013-11-28T16-50-07_3

    8 HACHI CAFE

    「楽しむ」を味わおう!

  • presto coffee01

    presto coffe

    「本格エスプレッソラウンジ、見つけました」

  • IMG_3412
    vol.2017.09
  • IMG_0374
    vol.2017.08