suria cofee

「ついで」にいかが?

IMG_8724[1]
冬がもうここまで来ています。
かのナポレオンですら冬将軍には勝てなかったのだとか。
しかし、案ずるなかれ。私達にはホットコーヒという力強い仲間がいるではありませんか。
お久しぶりです。コーヒは一日三杯まで! かずやです。
今回ご紹介させていただく、地下鉄新瑞橋駅から歩いてすぐのsuriacofeeさんにもその力強い仲間がいるみたいです。
IMG_8724[1]
いざ、店内へ。
 IMG_8718[1]
席数はそれほど多くはありませんが席間は広くゆったりとくつろぐことができそうです。
新聞、雑誌はもちろんコーヒーに関する本なども充実していました。
本日はカフェタイムの取材ということで。
 IMG_8717[1]
チーズケーキとホットコーヒーをオーダー。
suriacofeeさんはグラタン、ドリア、カレー、ハンバーグなどなどランチが充実しており、夏場はコーヒーシロップや紅茶シロップのかき氷。さらにはコーヒーぜんざいと、メニューは非常に豊富です。
チーズケーキはとても濃厚でコーヒーとの相性が抜群でありました。
コーヒーは個人的にはさっぱりめで飲みやすく感じられました。 オーナーさんいわく苦味と酸味のちょうど中間を狙って誰にでも飲みやすい味わいを意識されているのだそう。 納得です。  ぽかぽかです。
IMG_8730[1]
写真が……スミマセン。
コーヒーに使っている豆は瑞穂区にあるオーナーさんお気に入りのコーヒー豆専門店から購入しているとのことでした。
話は変わって。
suriaとはサンスクリット語で「太陽」という意味があるそうです。なるほど内装は要所要所で「太陽」がモチーフにされていました。
 IMG_8719[1]
      壁にも。
IMG_8731[1]
ここに来れば様々な「太陽」から明るく暖かいエネルギーがもらえそうです。
                  最後に「どのようにこのお店をお客さんに使って欲しいですか?」という質問をさせていただきました。
IMG_8732[1]
お答えは……
「ついで」でいいんです。
このお店がメインである必要はありません。食事や待ち合わせ、仕事の「ついで」。
一見「ついで」なんてネガティブな言葉の様に感じられるかもしれません。しかしそれは自宅の次に落ち着ける空間ということなのではないでしようか。
 このお店には喫茶店やカフェの本来あるべき姿が確かにある様な気がします。
                  皆さんも素敵なご夫婦が待つsuriacofeeを「ついで」にいかが?

関連する記事関連する記事

  • 2013-02-25-21-12-58_deco

    cafe de SARA (西)

    ほっと安らぐお店

  • IMG_1291

    Bisucuiterie Gourmandise

    小さなフランスのお菓子屋さん

  • IMGP0945

    cafe de la ruche

    名古屋のパリみ~っけ

  • F8C4A79F-3C46-41DB-80FB-AC71F67D5C42
    vol.2019.01