アプリ紹介 WEAR編

WEAR革命?

Screenshot_2014-01-25-16-01-34_1

こんにちは、ミツオです。学生のみなさんは春休みに突入したのでしょうか(^^)
mikke読者さまの中にも多くの人がZOZOTOWNを閲覧したり利用している方が多いと思いますが、最近”WEAR”という単語をよく見ませんか?
最近はパルコでもこの単語を目にすることが多いかもしれませんね(゜゜)
よく見るけどイマイチよくわからない・・・という方の為に、今回はこの「WEAR」とはなんぞや?ということについてお話ししたいと思います。

Screenshot_2014-01-25-16-01-34_1

このアプリはZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが10月31日より始めました。
アプリをスマートフォンにインストールし、店頭に設置されたチェックイン用のバーコードをスキャンしたのち商品のバーコードを読み取ると、その商品の他のカラーやサイズ展開、価格などの詳細な情報やショップスタッフなどのコーディネート実例などを見ることができます。
つまり、ショップ店員との会話をしなくてもサイズや色の展開、さらにはそのアイテムのコーディネート方法がわかる、ということです(゜_゜)!
さらにはSNS機能を持っているため、友達と商品について品評しあったり、自宅などでじっくり吟味してからZOZOTOWNで買うことができるのです。
よって、大きな商品を店頭で買って重い荷物を持ち歩くことに悩む必要も、一人で買い物に出かけて他人の意見が聞けなくて悩むことも無くなります。
とても画期的です。ちょっと画期的過ぎてよくわかりません。

Screenshot_2014-01-25-15-23-08_1

このアプリのコーディネート機能は多くの人気モデルやショップスタッフ、一般ユーザーが使用しており、投稿者の性別や身長、TPOに合わせたコーディネート(今ならスノボスタイルなど)や、色、アイテム別などのタグなどで詳細検索もできます。

Screenshot_2014-01-25-16-39-49_1

これは余談ですが、個人的にタイプの身長や服装などを入力して検索すると目の保養アプリになります。一石二鳥です(?)

しかし、現状としては商業施設のなかで唯一WEARを導入したのはパルコだけです。というのも多くの商業施設がWEARを導入してしまえば、リアル店舗が「ショールーミング」の場所になってしまうということを懸念しているからです。ショールーミングというのは、実際の店舗で商品を見てもその場で買わず、その後ネットで商品を調べ通販で買う、という一連の流れのことを指します。

例えばみなさんの中にも家電やCDなどお店で買わずに、大きく割引されているamazonなどの通販サイトで買う、という方が多いのではないでしょうか。かくいう僕もその一人です(+_+)

家電業界では深刻なショールーミング化に大きく悩まされています。消費者やブランドにとってはとても便利なツールですが、店舗や商業施設側としては多くの不安も同時に持っています。パルコでの試験導入も半年のため、その後継続されるかは不明です。

とはいえ、着回しに迷った際や好きなモデルのコーディネート検索はとても参考になり、個人的によく使用しています(・・ )

このアプリが秘めている流通革命の可能性は吉と出るのか凶と出るのか、みなさんも是非今のうちに確かめてみてはいかがでしょうか。

 

関連する記事関連する記事

  • 12月号2

    女の子の味方

  • IMG_0674[1]

    西尾ぶらり旅

    ~小京都西尾~

  • IMG_4857[1]

    飲み歩きの魅力

    今夜の予定は?

  • F8C4A79F-3C46-41DB-80FB-AC71F67D5C42
    vol.2019.01