庭園ギャラリー いち倫

涼しげなひとときを

はじめまして、ぽんです。

太陽の日差しがとても強くなってきました。

この季節、日陰で涼みながらのんびりとお茶したくありませんか?

 

覚王山駅1番出口をでて8分ほど歩くと昔ながらの大きな黒い門がおでむかえ。

門をくぐりきれいに手入れしてあるお庭をとことこ抜けていくと・・・

・・・入り口をmikke!

庭園ギャラリー”いち倫”さんです。

中へ入ると雑貨やお野菜がずらり!とても温厚そうな店主が来て中へ案内してくれました。

工夫を凝らした席がいくつもある中、私たちは庭園を眺めてお茶できる縁側をチョイス。

ほっと一息ついたところで私は黒ゴマぷりん、今回一緒に来てくれたmikke!メンバーであるひろまいはバニラアイス(いち倫風)を注文。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あー本当にかわいい、竹の中にぷりんがひょっこり。陶器の器がまた素敵です。味も黒ゴマが濃厚でおいしい。わらびもちももちもちでほどよい甘さ。ほうじ茶とよく合います。

 

きくところ、いち倫さんで作られているすべての料理には店主さんご出身である三重県のお水を使っているのだとか。お水だけでなく、お勧めの一つである草餅も三重県の天然の山ヨモギを使って作っています。全てのメニューについてくる一輪の花は毎週帰るごとにに三重から調達してくるそうです。地元三重へのこだわりが感じられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ん?いち倫さんの”倫”とお花の”輪”字が違う?? そう、このいち倫さんの”倫”という字は今はもういない店主さんの義理の兄の名前から来ているのです。 いち倫 の意味にとてもあたたかさが感じられますよね。

 

12年前から始めた店内には幅広い年齢のお客さんが来店し、常連さんも多いそうです。私たちがお茶しているあいだも店主さんはお客さんとのたわいない会話、子供連れのお客さんへの対応、すべてほっこりするものばかりでお店が愛されている理由がよく伝わってきました。

 

ぜひ一度素敵な庭園へ寄り道してみてはいかがですか??

関連する記事関連する記事

  • IMG_2423

    おにぎりカフェ Mother’s

    心と体が喜ぶ食事

  • 1388933021689

    ethical cafe

    小さなぜいたく

  • IMG_5547[1]

    OVERTIME (覚王山)

    毎日が夢の延長

vol.2018.05

  • 6844C416-BCEF-4303-9432-568214A9335F
    vol.2018.04
  • wpid-dsc_0029_2994260464.jpg
    vol.2018.02