See Saw gallery + cafe

現代美術を感じる、あったか空間

image

いつのまにか今年もあと2ヶ月!朝が寒くて寒くて既に布団からなかなか出られません、こぱです、、遅刻には要注意、、

さて!芸術の秋!今月のカフェテーマは『ギャラリー』ということで、今回私がご紹介するのは『 See Saw gallery + cafe 』さん!総合リハビリセンター駅から徒歩3分、閑静な住宅街の中に、そのお店はあります。

image

店内に入る前からなにやら隠れ家のような雰囲気がぷんぷんします、、

閉店近くに伺ったのにもかかわらず、ニコニコと柔らかい笑顔で出迎えてくださったオーナーさん。

早速、私はケーキセットを注文。幾つか選べるドリンクと季節ごとに変わるケーキで何と500円!リーズナブルすぎます、、

image

コーヒーは、普段シュガーを足す私もブラックでいける、程よい苦味。コーヒーは苦手、という方でも飲みやすいと思います。

また、シフォンケーキとタルトが選べたのですが、今回私はレーズンとリンゴのタルトを注文。タルトとは思えないほどふわふわとした優しい口当たりにびっくり!ほんとに美味しい!オーナーさんの手作りケーキはオーナーさんの性格そのものが表れていました。

image

食器マニアの私は、ケーキセットが運ばれてきたときからずっとコーヒーカップやお皿が可愛すぎて欲しくてたまりませんでした。岐阜県多治見市にある『ギャルリももぐさ』さんのものを使っているのだそう。口当たりがとてもよかったです。私も買いに行こうかなあ 〜〜〜

image

お店のコンセプトは ” 現代美術 ” ということで、現在は、桜井保志さん、山本輝さんの作品が展示してあります。コーヒーを飲みながらじっくりのんびりと見ていました。

image

あ、気づきました?ここで飼っている猫ちゃん登場です(笑)image5匹もいるとのことで、気づいたら隣でちょこんと座っていたりするからこれがまた可愛すぎます。

image

そんな猫ちゃんに導かれてついていくと、そこには作品が展示されたお部屋が。

image

ぼーっと時間を忘れて見入ってしまいました。

「絵をみながら生活しようかなと思って」と、オーナーさんが思いたってオープンしたのは2009年。モノを” 見る ” と、遊具の ” シーソー ” を掛け合わせたのが このお店の名前『 See Saw 』。カフェなのにもかかわらず何処となくアットホームな雰囲気で、住みたいと思ってしまう素敵な空間です。

、、、しまった!閉店の時間だ!バタバタと帰る支度をして、オーナーさんと猫ちゃんに見送られてお店を出ました。外はお庭になっていて日差しもとても差し込みそうな様子だったので、今度は天気のいいお昼時にゆっくり行きたいなあ 〜〜〜

年に5、6回企画展を開催しているという See Saw さんですが、現在の展示は11月29日まで!12月6日からは安齊重男さんの写真展が始まるそう。こちらも楽しみです!
また、段々と寒くなってきた今の季節からよく出るようになるというのが、自家製のチャイティーとハニージンジャーティー。冬にオススメのドリンクとのことですよ 〜〜〜 !

優しい笑顔が印象的なオーナーさんが細かなところまでこだわった温かい雰囲気の See Saw さん。秋だけにとどまらず、美術作品を見ながらほっと一息、ブレイクタイムに行ってみてはいかがでしょうか?

関連する記事関連する記事

  • mikke!9

    花・緑・想  ふくじゅえん

    素敵なお花に囲まれて

  • IMG_0477

    KIWI CAFE

    NZ料理が食べられるカフェ&バー

  • IMG_9609

    Manico Kitchen

    カラダの中からキレイと健康を

  • IMG_3412
    vol.2017.09
  • IMG_0374
    vol.2017.08