その灯ぐらし 猫洞店

特別なものを探しに

IMG_0181

こんにちは!
5月に入りましたね。
そろそろ新入生の方達は学校に慣れた頃でしょうか?\( ˆoˆ )/
これからどんどん楽しいことが増えていくと思います!

今回私は友達と本山にある「ドライフラワーと暮らしのお店 その灯ぐらし」さんへアロマボトルを作りに行って来ました^ ^

IMG_0179

こちらがその灯ぐらしさんの外観になります。地下鉄本山駅から徒歩10分程です。
店の中に入らなくてもお店の素敵な雰囲気が伝わってきます。
お店の前にはまだ開店前でしたがワークショップに来たお客さんでにぎわっていました^ ^

ではさっそく気になる店内へ!

IMG_0169

IMG_0170

IMG_0184

IMG_0181

店内は一面植物!!!ドライフラワーで溢れています。
(あまりにも素敵すぎたので沢山写真載せさせていただきます(笑))
上から2枚目の写真がワークショップを行う場所です。
さっそくお店の方からエプロンを受け取りアロマボトルを作りました!

IMG_0187

アロマボトルはこの便の中に様々な材料をつめていくものです^ ^
可愛らしい花はもちろん、果物や変わったものもいくつかあり、終始ずっとワクワクしてました(笑)

IMG_0188

こちらが完成品となります✳︎
瓶を開けるとアロマのすごくいい匂いがします!
大満足でワークショップを終えました(^○^)

今回私が作ったのはアロマボトルでしたが他にもアロマワックスバーやアロマ電球を作ることもできます。
詳しく知りたい!という方はぜひその灯ぐらしさんのHPを見てみてください^ ^

お店の方からお話をいくつかお聞きしたところ、その灯ぐらしさんは元々はキャンドルを取り扱っているお店だそうで、
(キャンドルのお店は新栄にあります!)
そのためお店の名前はキャンドルの灯りから「灯」を、
日々の生活に取り入れてもらい、ということから「その日ぐらし」を、
そこから「日」の部分をもじって「灯」に変えて「その灯ぐらし」という名前にしたそう。
あとお店の方の横文字にするのが嫌だ、覚えてもらいたい、インパクトのあるものにしたいといった想いからこの名前したそうです。
確かにその日ぐらしではなく「灯」が入っていたらなかなか忘れませんよね!
(すぐに名前を忘れる私が一発で覚えました(笑))

また、その灯ぐらし猫洞店のコンセプトは「ドライフラワー」で、暮らしの中に取り入れるものを見つけていって欲しい、とお店の方はおっしゃっていました。

実は私は以前にもその灯ぐらしさんに行ったことがあり、その時に店員さんと沢山話してドライフラワーを買ったことがあります。

IMG_0077

これが買ったドライフラワー達です。何回も悩んで選んだだけあって部屋で見るたびにほっこり癒されています^ ^

その灯ぐらしさんはドライフラワーの中でも、なかなか見ないもの、珍しいものを中心に買って来ているそうです!
そんなその灯ぐらしさんのおすすめをほんの少しですがここでご紹介させていただきます!

まずは…こちら!

IMG_0175

これ、生で見るとなかなか大きいです(笑)
こちらはチョラサボテンといって、マダガスカルが原産のサボテンだそうです。
こんなサボテン見たことない!

IMG_0176

こちらすみません、名前は分からないのですが、すごくきれいな青色で、ずっと見ていても飽きないです!
こういった珍しいものは心が踊ります!

またその灯ぐらしさんは「toi designs(トワデザイン)」という2人の方が作られている服が売っていたり、ちょっとしたアクセサリーが売っていたり、小さいですがカフェもやっています^ ^

IMG_0174

IMG_0180

IMG_0172

ワークショップ後にほっと一息つくのもありだし、カフェ目的で行くのもありです!
色々な楽しみ方ができます✳︎

ずっといても飽きない空間にみなさんも自分だけの、特別なものをぜひみっけ!しにいってみてください^ ^

この記事を書いた人ライター

えりか

えりか 藤田保健衛生大学 3年

写真を撮ること、旅行、食べることが好きです。最近はハンドメイドにはまってます(*^^*)素敵なものを沢山紹介できるよう頑張ります!!

関連する記事関連する記事

  • image

    Hashelle Cafe

  • 2013-02-25-21-12-58_deco

    cafe de SARA (西)

    ほっと安らぐお店

  • DSC_0232

    Cafe de JiJi

    心温まる店

  • image
    vol.2017.05
  • IMG_0051
    vol.2017.04
  • unnamed (1)
    vol.2017.03